低学年のうちは、お迎えを、ご両親などにお願いしています。ただし高学年になると、1人で帰ることも可能です。

外遊びではボール遊びや鬼ごっこ、室内では読書や工作、カードゲーム、また、コマまわしやけん玉などの昔ながらの遊びも流行っています。

小学校では、「音読等」の宿題が出ますが、学童でご両親に代わって対応することもできます。

一度、学童保育に来た後に、塾などの習い事行くことも可能です。塾などの終了後、学童に帰ってきてご両親のお迎えを待ちます。高学年は1人帰りも可能です。

基本的に、手作りのおやつを出しています。アレルギー等のあるお子さんは、ご相談ください。

例年、10日間までは1,000円/日、11日間以上で上限11,000円としています。2020年度の夏休みは短期間のため、1,000円/日としています。※金額は変動があります。

月額を前月末までに振り込んでいただきます。なお6ヶ月や1年分等のまとまった振込みも可能です。保育料について

朝から学校を休む場合には、ご家庭での静養をお願いします。学童にて発熱など体調不良となった場合は、学童にて静養させるようにします。

台風等の警報が出て臨時休校となった場合は、予め開所の準備を行い、8:30より対応しています。

予め振替休校となることが分かっている場合は、8:30より開所しお預かりしています。なお、お昼ごはんは、お弁当をご用意いただくことになりますが、近所のコンビニエンスストアで購入も可能です。

北方、大鳥のように学童に近い学校の児童は、徒歩で通っています。間門や本牧のように遠い場合は、バスで通っています。
なお、徒歩・バスを問わず、新入生は、指導員が学校まで迎えに行きます。例年、5月中旬くらいを目処に、子どもたちだけで通えるようになるまでは、付き添います。

小学校入学式より早く、4月1日から学童で朝からお預かりします。

2019年度は、大鳥小、北方小、本牧小、間門小、横浜中華学院、横国大付属の生徒、約30名が在籍しています。

Load More